投稿者: admin

SEOとユーザーという存在



皆さんが日々に活用されていらっしゃる検索エンジンは、どのようなサポートのもとに存在し得るかを考えられることはございますか。 Google などに代表されるの検索エンジンは、それぞれ広告収入をもって成り立っているのです。広告収入を得るためには、何よりも大勢の人々の集客が求められてくるものですから、検索エンジン自体がユーザー視点で作られていなくてはならないというユーザビリティが求められてくるのです。これまでに数多くの検索エンジンが存在していましたが、その中でも Google の検索エンジンが世界中の人々の信頼とともに活用されているのは、何よりも Google の検索エンジンが人々にとってメリットある検索ツールとして認められているからでもあるのです。Google の検索エンジンに用いられているアルゴリズムによって構築される SEO は、ネット市場における重要な集客の鍵を握ってもいるようなのです。自社のホームページを作成したにもかかわらず、WEBサイトを訪れるお客さまのアクセス数に伸び悩んでいるオーナーさまたちにとって、SEO対策から得られる集客数の伸びしろは「ユーザー」という存在を明確に知るためのキッカケともなるのです。

SEOの肝は「キーワード」

人は「何かを知りたい時」や、「商品を購入したい時」に検索エンジンを使います。例えば、税理士になりたい人は「税理士+受験」などのキーワードで検索すると推測できます。また、税理士を雇うために税理士を探している人は「税理士+千葉県」などのキーワードを使うでしょう。
ここで、同じ「税理士」でも、あるブログには「税理士+千葉県」などのキーワードで検索をかけてきた、税理士を雇いたくて税理士を探している人ばかりが集まっていて、もう一方のブログには「税理士+受験」などのキーワードで検索をかけてきた、税理士になりたい人が集まっているならば、どうでしょうか?どちらも「税理士になるには!」というテーマのブログであった場合どちらがより読者からの反応があるでしょうか?

このように、ブログで読者からの反応を得るには、自分のプログに興味を持つであろう読者が検索しているキーワードの検索結果に出てくる必要があります。つまり、この話における「キーワード」は、コーヒー店の立地の話における「ビジネス街か住宅街か」というような選択に相当するわけです。。逆をいえば、自分のプログが、どのキーワードの検索結果に出てくるのかを、うまくコントロールすることができれば、効果的に自分のブログに興味を持つ人を集めることができると思いませんか?

そこで登場するのが、 「SEO」 なのです。 SEO とは、狙ったキーワードで、検索結果の上位に自分のプログが表示されるようにする技術です。 ここで「上位に」という点が、ポイントになります。前述の例で、「税理士+受験」というキーワードの検索結果に自分のプログが出たとしても、同じキーワードを使っているプログがたくさんあって、自分のプログが検索結果のかなり後ろの方に表示されてしまうとしたら、まったくアクセスが集まりません。だから、上位に表示される必要があるのです。

医療関連サイト

SEO対策の担当者の中には、医療関連の企業に所属している方もいらっしゃるでしょう。実は最近、医療関連のサイトが当局から注視されているのをご存知でしょうか。それもそのはずで、医療関連の製品、サービスは、国民の健康、安全に直接関わります。HP運営の担当者も、下手なサイトを制作するわけにはいきません。気になる人は是非厚労省が公開しているガイドラインを熟読して下さい。そこには厳しい指針が掲載されており、違反した場合には罰則も適用されます。もちろん罰則と言っても行政指導レベルなのですが、悪質な違反が長く続くと、最終的には告発されることもあります。よく見られるのは、競合他社による通報です。

簡単に注意点を紹介しますと、HP制作者は、医療上の倫理、ルールに違反する可能性のある広告であると判断した場合は、直ちにクライアントに質す必要があります。例えば、医師や病院に対して聞き取りを行います。これが実施されなければ、当局の調査、指導が行われます。その対象は広範囲に及び、広告代理店、新聞社、放送局であっても例外にはなりません。中小のHP制作業者も当然含まれます。
Post navigation

SEOの発展

ロボット型検索サービスがウェブサイトへの主要なアク セス手段として、重要な位置を占めるようになった。となると、ウェブサイトの運営者が重要視することはいかに検索結果のよい位置に表示され、 多くアクセスしてもらうかということである。 ディレクトリ型では人の手が入ってしまい、検索結果が登録順であったり、検索サービス運営者の判断で決められてしまったりするため、上位に表示させるのは容易なことではなかった。 だがロボット型検索エンジンは基本的に人の手が入らず、自動的に掲載順が決めら れている。そのため、サイト運営者の工夫次第で、検索結果の上位に表示される余地 があったのだ。それゆえ多くの人がグーグルなどの検索エンジンの仕組みや動きを分析し、それに合わせる形でぺ ージを改良し、上位に表示させるという行為、つまりSEO対策をするようになったのである。 とはいえ、 SEO対策という言葉を使わなくとも、 SEO対策という行為自体は実は古くから存在している。 例えばディレクトリ型検索エンジンの上位に掲載してもらうため、ウェブサイト のタイトルを AやOで始めるようにした、というのも広義のSEOといえる だろうし、ロボット型検索エンジンの精度の低さを利用して、ウェブサイト内に同 じキーワードを大量に埋め込んだり、検索される回数の多いアダルト関連のキーワー ドを入れておいたりするという手法(ちなみに現在、これらのような行為をしたら検索スパムとして扱われるので注意されたい)も、ある意味SEO対策の一種であったとい える。 つまり検索サービスが誕生した時点で、「検索エンジンの上位に表示する」という SEO的な概念や取り組みは存在したのだ。 だが SEO対策が本格化したのは、グーグルが台頭した2000年以降であろう。イン ターネット上でのビジネスが本格化したことで、 SEO対策によるアクセスが、例えばE C(電子商取引)サイトであればお客が増えて売り上げがアップするなど、確実に収入や結果に結びつくという事例が増えてきたことが大きい。

ホームページ制作とレンタルサーバー

ホームページを制作する際、レンタルサーバーの利用が必要となってきますが、皆さんがご利用になられるレンタルサーバーには様々な種類があります。

サービスを取り扱う会社も数多く存在いたしますが、多くの場合が1月あたりのサーバーのレンタル料というものが発生してまいります。価格帯におきましては、1月あたり1000円以下のものもあれば、数万円に及ぶものまでございます。

また年間単位でレンタルするような料金システムもございますので、それぞれレンタルサーバーを取り扱う専門店の各サービス内容を詳細をご確認いただくことが大切です。

最近では無料で利用することのできるレンタルサーバーもあるようですので、皆さまの用途に合わせてお選びいただくのが良いのではないでしょうか。お店などの宣伝や集客にご利用をお考えの方にとっては、無料で使えるレンタルサーバーも魅力的であるとは思われますが、無料に使えるものは大抵は何かしらのデメリットな点があるということもきちんと把握しとかなくてはならないでしょう。

一般的にはお店やビジネスでのホームページ制作は、無料のレンタルサーバーはおススメできないというような専門書籍が大多数ではありますが、皆さん自身が問題ないとのお考えを持たれるのであれば1つの選択枠として成り立つのではないでしょうか。

                       

映画好きのSEOストーリー>>>TOP