Googleからの評価を高くするために、検索ユーザーにウェブサイトに長く滞在してもらうことも大切です。ウェブマスターとしては、ウェブページを見て、役に立ったと思ってもらいたいものです。そのためには、自分の会社の商品やサービスの案内ばかりではなくて、その商品の歴史を入れてもいいと思います。あなたが持っているうんちくやノウハウなど、ユーザーが面白い、役に立つとかんじてくれるものを書き込んでいくのも、最適に近づける改善といえます。質問コーナーやFAQを追加するのも、ユーザーのためになることです。これはすぐできるので、やってみましょう。検索エンジンを意識してウェブサイトを制作するSEOと、検索ユーザーを意識してウェブサイトの制作をおこなうUXO。どちらもGoogleから評価してもらうために大切なことです。